萩焼ぐい呑:日本橋ギャラリー紫苑 - dccd0

2019-04-02
カテゴリトップ > 酒器 > ぐい呑
萩焼ぐい呑
サイズ 幅 約6.6cm 奥行 約5.9cm 高さ 約4.8cm
付属品 紐付桐共箱、しおり
商品の特徴 新品(最新作)日本製(山口県)
全て手作りのため、歪みなどがございます。土物の特性上器面がざらついたり、荒土のため石はぜや、焼成中炎などの作用により斑(窯変)になったりするものがございますが、不良品ではございません。表面のヒビは貫入と言われ、胎土と上薬の収縮比率の違いにより入るもので傷ではありません。また萩焼は、水が染み出す場合がございますが、使い込むうち自然に止まり、茶慣れが味わいとなり愛着が湧くのでございます。
注 意 充分注意して撮影等しておりますが、お使いのモニターによっては色が違って見える場合があります。

※こちらの商品は現品限りでございます。
萩焼の由来

萩焼は、わが国の陶器の中でも特に古来より「一楽二萩三唐津」と称せられ、その軟らかく口当たりの良い土味で古くから茶器としてお茶人の間に広く賞用されて参りました。
慶長の昔、毛利藩主輝元公が、朝鮮の陶工、李勺光、李敬兄弟を連れてきたり藩の御用窯として開窯したのを始めとし、以来400余年の間伝統を守り、歴代陶工のたゆまぬ精進と愛好家のご支援の下、今日の名声を戴くに至っております。
萩焼はご使用と共に、次第に色及び光沢に古雅にして素朴な風趣変化を見せ、世人は「萩の七化け」と賛え非常に珍重されております。

萩焼 13代 田原陶兵衛 作 萩焼ぐい呑

萩焼深川本窯13代 田原陶兵衛 作 萩焼ぐい呑

深川萩は、李勺光の高弟らが深川三之瀬に窯を築き、明暦3年(1657)には藩の命により御用窯に任ぜられたのが始まりと伝えられております。以来、陶業一筋に子々孫々に守り伝え萩焼深川本窯13代、田原陶兵衛先生のぐい呑です。
その御本手(ごほんで)といわれる独特の窯変は、使うごとに味わいを深め「萩の七化け」等と称されます。ぜひ、この機会にご愛蔵下さい。

日本工芸会正会員
昭和26年 2月生れ
昭和48年 武蔵野美術大学卒
昭和50年 同大学院卒 これより2年間唐津中里重利先生のもとで修行
昭和54年 日本工芸会山口支部展奨励賞(以降多数)
昭和59年 田部美術館大賞茶の湯の造形展入選(以降多数)
平成 2年 日本伝統工芸展入選
平成 3年 日本伝統工芸展入選
平成 4年 日本伝統工芸展入選
       田原陶兵衛を襲名
平成 5年 日本伝統工芸展入選
       日本橋高島屋・心斎橋大丸にて襲名記念展
平成10年 日本伝統工芸展入選(以降多数)
平成12年 萩焼400年記念パリ展出品
     入選・個展多数
     東大寺・伊勢神宮他献納

今回出品の作品は、伝統的な技法に現代的な感性を融合させた作風のぐい呑です。荒い大道土を力強く成形し、大胆に化粧掛けを施した見事な景色の琵琶色です。すばらしい出来栄えのぐい呑をご家庭に、ご贈答に。是非この機会にお求め下さい。

萩焼,酒器,ぐい飲み
13代 田原陶兵衛 作

価格
38,000円 (税込 41,040 円) 送料無料
3営業日以内に発送
残りあと1個です
個数 
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く
この商品の配送方法
  • 宅配便
  • 国際配送