十日町市博物館

2019-04-06
カテゴリトップ > アイテム別 > ボトムス > デニム
BALMAIN バルマン バイカーデニム デトロイトデニム ウォッシュド / ダメージ加工 155 BLUE BALMAIN DESTROYED BIKER JEANS w5ht551c710v155

BALMAIN バルマン バイカーデニム デトロイトデニム ウォッシュド / ダメージ加工 155 BLUE BALMAIN DESTROYED BIKER JEANS w5ht551c710v155

メーカー希望小売価格はメーカー商品タグに基づいて掲載しています


BALMAIN バルマン バイカーデニム デトロイトデニム ウォッシュド / ダメージ加工 155 BLUE BALMAIN DESTROYED BIKER JEANS w5ht551c710v155

バルマンの代名詞ともいえるバイカージーンズ
デザイナーOlivier Rousteingが構築する男らしさものこしつつ、エレガントな仕上がりのコレクション。

スリムスキニーなシルエットでポケット付近、裾などにハードめなダメージとウォッシュド加工によるヴィンテージな雰囲気を醸し出すアタリ感を施し、インディゴカラーが映えるバイカーデニムに仕上がっています。

ストレッチ素材でプリーツ(蛇腹)になっている部分と共に伸縮性にも大変優れ、デザイン性プラス機能性も非常に高くなっており、窮屈でストレスになることもないでしょう。

BALMAINバイカーシルエットパンツには群を抜いて、ラグジュアリーな雰囲気と洗練された高いデザイン性と、最先端のモードを存分にお愉しみ頂ける要素がたっぷり詰まっています。

BALMAIN HOMME<バルマンオム>
DESIGNER : クリストフ・ドゥカルナン(Christophe Decarnin)
初代デザイナーのピエール・バルマンは1914年生まれ。
父はメンズファッションを手掛け、母は婦人服のブティックを経営。
建築学を学ぶためにパリの国立美術大学に入ったが、ファッション界への転向を希望。
『リュシアン・ルロン』でクリスチャン・ディオールと共に経験を積む。
1945年 - パリのフランソワ・プルミエ通りに自分のメゾンを開設。同年秋には初の展示会を開催。
1946年 - "労働着ルック"を発表し高い評価を得る。映画、演劇の衣裳デザインも手がけた。
1964年 - 自伝『My Years and Seasons』を発行。
1982年 - バルマンの死去に伴いアシスタントのErik Mortensenにブランドが引き継がれる。
その後、ハーヴ・ピエール、オスカー・デ・ラ・レンタがデザイナーに就任。
04/05年秋冬コレクションよりショーを行っていなかったが、07年春夏シーズンより、パリのエスモードでデザインを学び、『パコ・ラバンヌ』で7年間の経験を積んだクリストフ・ドゥカルナンをデザイナーに迎えパリコレに復帰した。
09/10AWより本格的にメンズコレクションを始動。

▼下の画像にマウスを置くと切り替わります

国宝WEB町市博物館

雪文化三館|十日町市博物館

友の会|十日町市博物館

じっぱくブログ|十日町市博物館

笹山日記|十日町市博物館

住所 〒948-0072
新潟県十日町市西本町1丁目
382番地1

TEL 025-757-5531

FAX 025-757-6998

E-mail museum.10@city.tokamachi
.lg.jp

営業時間 午前9時~午後5時
(入館は4時半まで)

休館日 月曜日・祝日の翌日
年末年始 (12月27日~1月4日)

入館料 一般:300円 (中学生以下無料)
団体:250円 (20人以上)

休館日カレンダー
休館日
2017年 2月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
前の月 次の月
Counter